創作活動者の財産と権利

無料楽譜は便利です。しかし、無料であるが故に利用する上で注意しなくてはならない点もあります。それは著作権です。著作権は”知的財産の保護”が目的です。音楽という形のない芸術は、個人の財産なのです。この点は、しっかりと認識しておきましょう。偽ブランド品や音楽CDの海賊版などは、才能あふれる創作活動者の財産と権利を侵しているわけです。ネット上で公開されている無料楽譜のほとんどは、基本的に著作権が切れた無料楽譜などの合法なものがほとんどです。

しかし残念なことに、無断で楽譜を配信している違法サイトの存在も後を後を絶ちません。私たち無料楽譜を利用する側のモラルも問われています。違法無料楽譜のダウンロードは窃盗と変わりません。無料はたしかにうれしいですが、価値のあるものに対価を支払うのは当然です。ネット上の有料楽譜は、比較的お値段もお手頃ですよ。無料楽譜を利用する側も発信する側も、音楽に携わる人たちだと思います。愛する音楽の発展のためにも、最低限のルールは守りましょう。

「創作活動者の財産と権利」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。